1. ホーム
  2. 技術力があります

技術力があります

レディ

施術方法が複数ある

ほくろは、美容外科できれいに除去してもらうことができます。まずは、カウンセリングを受けて気になるほくろを診てもらうところから始まります。いろいろな種類があり、炭酸ガスレーザーや電気メスを使った方法などを状況に応じて判断されます。そして、美容外科では全額自己負担になりますが、見た目を重視して行われるため、技術力も高く仕上がりがとてもきれいです。例えば、ふくらみのない黒いほくろであれば炭酸ガスレーザーを使って除去が行われます。この方法では、深さもない場合に使われて、比較的出血も少ないです。実際に除去するときには、麻酔の注射をして痛みが少ないようにして行われます。ちなみに、レーザーを当てるため目に当たらないようにアイキャップを付けて安全性を確保したうえで行われます。基本的には、一回の照射ではなかなか除去することができないため数回照射をして、休ませながらそれを繰り返して行います。この方法のメリットがプロの人が状況を見ながら行い、短時間で終わるという点です。時間に関しては個数によって異なりますが、3つあたり10分ほどで終わります。そして、うまく除去が完了したら薬と保護テープを貼ってもらい施術が完了します。料金に関しては、1つ当たり1ミリ未満では5000円ほどになっています。大きくなるにしたがって料金が上がっていきます。そして、根が深い場合や大きい場合にはメスと電気メスを使って除去を行います。炭酸ガスレーザーと同じように麻酔の注射をしてから行われます。そして、メスを使ってほくろを除去します。この部分は医師の技術によって異なるのですが、大きさがあっても根が深くなければ1つあたり5分ほどで取り除くことができます。そして、電気メスを使って傷口を塞いで保護テープなどの処置をして完了します。こちらの料金に関しては、炭酸レーザー同様に大きさによって異なり、1ミリ未満で5000円ほどになります。ちなみに、除去後はどうしても傷が目立ちますが、保護テープを貼って保護することによって大体一週間ほどで目立たなくなっていきます。そして、一ヶ月ほどすると本当に目立たなくなります。そして、女性の場合は化粧をするのですが、その時にも保護テープの上から行うことができます。テープに関しては紫外線から患部を守るために使うため、少し長めに付けておくことが大切です。ちなみに、美容外科の場合は始めのカウンセリングに力を入れていて、コンプレックスの改善のために時間を取り、アフターフォローに力を入れていています。そして、1年間保証をしている美容外科もあり、安心して除去してもらうことができます。