美容外科をお勧めします

先生

自信が湧いてくるはずです

美容外科で、ほくろを除去する方が急増しています。そもそもほくろとはメラニン色素を含む細胞が、皮膚に集まってできた母斑のことです。 化粧品で薄くすることは勿論、メイクで隠し通すことは出来ません。顔にほくろがあると目立ちますので、憂鬱な気持ちになってしまうものです。ご自身でクリームを使い、ほくろを除去しようと試みる女性もいらっしゃいます。ところが大き過ぎるものや膨らんでいるものは、自宅で除去するのは困難だと言わざるを得ません。仕上がりの美しさ等、中長期的な視野に立つと美容外科で除去したほうが賢明です。美容外科で治療を受ける際、気を付けたいポイントが幾つもあります。最も注意・関心を払って頂きたいのが医師やクリニック選びです。大抵の美容外科クリニックでは、ホームページを開設しています。所属している医師の経歴、実績が紹介されていますので必ずご参照下さい。執刀してもらう医師を決める、重要な要素となるのが「症例数」です。美容外科の場合、どれだけ実績を積んでいるかが治療を成功させるか否かの決め手になると言っても過言ではありません。他の医師より、ほくろを除去した実績がある医師に依頼して下さい。ホームページに、症例数が掲載されていない場合はカウンセリングを受ける際、直接質問するよう心掛けましょう。治療に掛かる費用の内訳や、リスクについても分かりやすく説明して下さる医師は、インターネット上でも高く評価されています。費用の掛かる手術ばかりを勧める、他の治療法を紹介しない医師に執刀してもらうのは避けて下さい。医師の人柄の良さも、判断する材料の1つになります。医師との付き合いは、ほくろを除去する施術の時だけではありません。アフターケアまで、医師に任せるのが一般的です。相性が良いか否か確かめる為にも、事前カウンセリングの際はしっかりコミュニケーションを交わして下さい。優れた医師が多数在籍しているクリニックは、大抵評判が良いものです。クリニック選びで何より気を付けたいのが、価格設定に他なりません。ほくろ除去に関する費用は、大体の相場があります。治療法によって異なるものの、およそ10,000円から40,000円掛かりますので、各クリニックへ予めお問い合わせ下さい。相場以上に掛かる場合、法外な費用を請求されている可能性があります。相場以上に料金が安く設定されている場合は、アフターケアや保証が充実していないかもしれませんので注意が必要です。クリニック側の説明を鵜呑みにするのではなく、口コミ等を調べた上で納得のいくクリニックで、治療を受けましょう。

美容外科と治療法の選び方

ウーマン

美容外科でのほくろの除去治療には切除、レーザー、電気凝固法の3種類があります。どの治療法が適しているかは、ほくろの大きさを見て判断するのがおすすめです。費用は切除で高額になる可能性が高いものの、トータルでは安くなることもあります。

治療の特徴や注意点

看護師

一般的な良性のほくろは、美容外科に行けばレーザーの照射できれいになくしてもらえます。レーザーマシンでほくろ除去をする場合は、基本的な治療の流れや治療にあたって気をつけるべきこと等を知っておくことが大切です。

技術力があります

レディ

美容外科ではカウンセリングをしてほくろの大きさなどによって、炭酸ガスレーザーや電気メスを使って除去が使われます。そして、高い技術力があるため、仕上がりがとてもきれいです。しかも、1年保証をしている所があり、安心して任せることができます。

コンプレックスをなくして

頬を触る人

ほくろを除去するのは、勇気が必要かもしれません。ですが、コンプレックスをなくすことで、自分に自信を持つことができます。ほくろの除去は専門のクリニックで受けることが可能なので、コンプレックスを解消したい人は足を運びましょう。